女性特有のがん

がんの初期は症状がでにくいものです。近年、若い人でもかかるがんが増えてまいりました。がん治療には早期発見が重要です。20歳になったらがんの定期健診を受けましょう。
○ 富士市 ┃ 各種がん検診のページヘ

子宮頸がん

子宮頸がんは子宮頸部にでき、子宮がんの8割以上を占めています。20代から徐々に増えて40~50代に多く発生します。子宮頸がんはウイルスが原因となることも分かってきました。妊娠出産回数の多い人が発症しやすいようです。

検査内容:細胞診・コルポスコピー・HPV検査

子宮体がん

子宮体がんは子宮内部にでき、50~60代の閉経期以降の方に多く発生します。
妊娠・出産回数の少ない人や、妊娠・出産をしなかった人に多く見られます。がん細胞が成長する要因として卵胞ホルモンの過剰状態と考えられています。

検査内容:超音波検査・細胞診

卵巣がん

原因ははっきりしませんが、卵胞ホルモンの過剰分泌とも言われています。未婚の女性や妊娠・出産をしたことがない人、肥満、高血圧、糖尿病の人に発生率が高く見られます。自覚症状がなく早期発見が困難です。

検査内容:超音波検査・腫瘍マーカー

乳がん(超音波検査)

当院では、レントゲン被爆のない、超音波検査をおこなっております。
乳がんは早期発見すれば決して怖い病気ではありません。
未婚の人、30歳以上で出産していない人や授乳をしていない人、初潮が早かった人、閉経が遅かった人などに多く見られます。最近では、20代30代の若い方にも乳がんが多くみられるようになってきています。この年代は乳腺が発達しているため、マンモグラフィ(乳房X線撮影装置)では病変がはっきりしないことが多く、超音波検査の方がよくわかることがあります。

子宮頸がん予防ワクチン

子宮頸がんは、HPV(ヒトパピローマウイルス)というウイルスに感染することが原因といわれています。
HPVのうち16型と18型のウイルスに対する抗体をつくらせる「サーバリクス」、そして6型と11型を加えた「ガーダシル」という2種類のワクチンがあります。
子宮頸がんを予防するためには何よりも、定期的な子宮がん検診の受診が効果的です。
それに合わせてワクチン接種をおこなえば、多くの子宮頸がんは予防できます。