月経に関する症状

毎月の月経は妊娠するための準備です。
しかし、この月経が原因のトラブルに悩む女性は多くいらっしゃいます。
月経に関する不調を感じたら、お早めに受診してください。

月経前症候群(PMS)

月経前になると、「イライラする」「気分が沈んでしまう」「からだの具合が悪くなる」などの経験はありませんか?
「月経開始の3~10日前から始まる精神的・身体的症状で、月経開始とともに減退ないし消失するもの」を、月経前症候群(PMS premenstrual syndrome)といいます。約80%の方がこのような経験をしていると言われています。
このような症状が日常生活に影響が出るようであれば、治療をおこなったほうがよろしいと思います。
治療としては、低容量ピルの利用などで症状の軽減ができます。

月経不順

月経不順とひとことでいっても、月経期間の長さ、周期の長さ、周期がバラバラで一定しないなど、悩みの内容も原因もさまざまです。
基礎体温をつけると、治療の必要があるかどうかが分かります。

月経困難症

誰にでも多少の月経痛はありますが、生活に支障があるほどの痛みがある場合を月経困難症とよびます。月経困難症は、「機能性月経困難症」と「器質性月経困難症」とに分けられます。
器質性月経困難症の方には、子宮筋腫や子宮内膜症が原因となっている場合もあります。
検査や治療をおこないながら、改善を目指します。

不正出血

不正出血とは「性器からの出血で月経時以外に出血すること」です。
排卵日前に出血することがありますが、不正出血には子宮がんなど悪性のものが隠れていることもあります。