性感染症

外性器の病気は、主に性行為に関係するものと、性行為がなくても発症するものの2つに分けられます。
おりもの、かゆみ、痛みなど、気になる症状がある場合にはそのままにせず早めに受診し、早期治療を心がけましょう。